ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

ミッション・ナビ〜あなたの人生と経営の羅針盤〜

ミッション・ナビ HOME> メールマガジン「気まぐれトーク」>2020年7月21日 「私たちは命を受け取り、つないでいく」

メールマガジン「気まぐれトーク」

2020年7月21日
「私たちは命を受け取り、つないでいく」

7月は数秘学で言うところの
「動揺:11」の月です。

尋常ではない大雨となり、
大きな被害を受けましたし、

才能ある若い俳優さんの
衝撃的なニュースもありました。

個人的にもなんとなく感情的に
重苦しい感じを受けていました。

古い感情が湧き上がってきたり、
溜めていた怒りが湧き上がったり、
デトックスの期間は「負の感情」に
焦点が当たってしまいがちです。

そういう感情が極まると、
人は思わぬ方向に、突発的な行動を
起こしてしまうのかもしれません。

まして繊細な感性で表現し、
第一線で活躍する俳優さんともなれば、
そのストレスや感情がさく裂すると
思わぬ方向に暴発してしまうのかもしれません。

今日はかに座の新月ですが、
この新月のテーマは
「家族」や「信頼できる仲間」ということも
含まれるのだそうです。

コロナ禍でまさに「STAY HOME」な時間を
過ごさざるを得なかった私たちですが、
だからこそ、誰とつながりたいか、
誰と何を一緒にしていきたいのかが
問われていたのだと思います。

たとえ豊かな才能や経歴を持っていても
身近な家族や友達、スタッフや仕事仲間と
信頼関係をうまく構築できていなかったとすれば
深い孤独を抱えた若者の心は
絶望へと突進してしまいます。

「少々のことでは倒れない
雑草のようなたくましさのある
昭和世代とは違って
ゆとり世代は思わぬところで
ポキッと折れてしまうのよね・・・」と
と身近な知り合いが言いました。

ところで、私がスピリチュアルな世界に傾倒していったのも
若い時代の内面の葛藤もさることながら、
同時に家族の因果のようなものが
根底に横たわっていたような気がします。

それを仕事で成功することで
解決できると思いこんでいたり、
誰かへの反発というネガティブな想念が
原動力になっていたのかもしれません。

けれども、

ネガティブな動機からは
ネガティブな結果しか
生まれないのだということを
40代になったころに、
よくよく理解することができました。

そうして一つ一つ、目の前のことに向かい合い、
自分との対話を続けたり、

目の前の問題を紐解いていくことで
いつのまにか様々な問題は
すっかり片付いてしまっていました。

今は家族とも、お仕事で出会う方々とも
ストレスのない関係性が出来上がっています。

ところで月に1度の放送ですが、
私が好きでよく見ている番組に、
NHKの「ファミリーヒストリー」があります。

各界の著名人のご先祖の系譜をたどり、
今につながるまでの歴史を探るという内容です。

そうやって調べていくと、個々人の歴史と共に
実に興味深い日本の歴史が浮かび上がってきます。

ご先祖は戦国時代の武将だった、
幕末に活躍した志士だった、
凄腕の商人だった、腕ききの職人だった、
第二次大戦中に中国でスパイ活動をしていたとか

いずれもドラマや映画にも劣らぬ逸話ばかりで、
強烈なエネルギーでもって
過酷な時代を生き抜いてきた
ご先祖の足跡が見えてきます。

今につながる「生命」のヒストリーを
著名人のご先祖に焦点を当てて
日本や世界の歴史と共に追体験できるのです。

取材や調査も大変な労力と費用がかかるので
こういう番組は、視聴率最優先の民放では
なかなか放送できないと思います。

興味深いことに、その著名人の方が
今の職業に就いているのも、
母方、父方のご先祖のどちらかに
たいてい、それに近いものを持っていた
あるいは、それを志した人が
存在しているということです。

あるタレントさんは海と船が好きなことで
有名な方でしたが、
ご先祖はなんと、有名な水軍の武将だったそうです。

また、とある著名な落語家の方は、
お父親と幼いころに生き別れたそうです。

ところが、会社勤めをしていたそのお父様は
実は落語が大好きで、仲間の間では
明るく、とてもおもしろい人だったそうです。

生前のお父様のお顔も覚えがなく、
まったく交流の無かった親子だったそうですが
確実にその落語家の方は
お父様の遺伝子を
受け継いでおられたそうです。

さらに驚くべきは、その番組の調査によって
無縁仏となっていたお父様の遺骨が
とある場所から見つかり
落語家の方は大粒の涙を流しておられました。

その方が落語家として大成したからこそ、
番組で取り上げられることになったのであり、
そこで再会が叶ったというミラクルな話でした。

市井の一個人であっても、
時に理不尽な時代の波に翻弄されながらも、
懸命に生きてきたことがわかります。

今を生きる私たちも、後々、そのバトンを
誰かに手渡していくことになります。

そう考えると、私が今ここに立っているのも
確実に誰かからのバトンを
受け取った結果であることがわかります。

もうすぐ、お盆の季節になりますね。

今年はコロナ禍で帰省も難しいかもしれませんが
お墓参りをする、あるいは心の中で手を合わせて、
生命をつないでくれたご先祖に感謝して
今、この地球に活かされていることに
感謝とお礼を伝えたいと思います。

そして次の世代に、胸を張って
バトンを手渡せるように
私たちは、今を一生懸命に生きていきましょう。

もう一つ付け加えると、
本日7月21日からの8週間は、
(ということは9月11日まで!)
とてつもなく大きな転換の時間だそうです。
(米国大統領・ドナルド・トランプのtwitterより)

むむむ、いったい何が起こるのやら・・・。

メールマガジン「こころざし(志)通信」

ミッション・ナビゲーターの長谷川章子が熱い「こころざし【志】」を感じた、人・こと・モノ・お店などをご紹介します。
二十四節気、毎月2回配信です♪

メールマガジン「気まぐれトーク」

風を読み、気の流れを読む。
ミッション・ナビゲーターの長谷川章子がふだんの生活から「今の流れ」を感じるままに、お伝えします。
毎月2回、満月と新月の日に配信します♪

このページのトップへ

ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

あなたの人生と経営の羅針盤・ミッションナビゲート専門会社 有限会社元気

大阪オフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目9−7 いずみビル5階
電話:06-6374-4986(ヨクハイロー)FAX:06-7635-4726
地図はこちら
Copyright (C) 2004 Genki Co.,Ltd. All rights reserved.