ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

ミッション・ナビ〜あなたの人生と経営の羅針盤〜

ミッション・ナビ HOME>メールマガジン「こころざし(志)通信」>2012年3月20日 地道に手堅く、家族も幸せ・小さな美容室の応援団長(後編)

メールマガジン「こころざし(志)通信」

2012年3月20日
地道に手堅く、家族も幸せ・小さな美容室の応援団長(後編)

松井竜馬さん。
ご夫婦で小さな美容室を経営されご自身の経験を生かして、
コンサルタントとして小さな美容室の個性化実戦塾もなさっています。

前編はこちら ↓
< http://archive.mag2.com/0001115543/20120310213818000.html >

独立して、地域一番店となったものの、
すぐ近くに大型店ができたことで、
お客さまはあっというまに 流れていってしまいました。

7人いたスタッフも次々に退職、夫婦二人で失意のなかの再出発・・・。

ところが お客様の声を、リサーチしてみると、
夫婦二人で、シャンプーからカット・パーマまで すべてをさせていただくことが 
お客様の来店の動機になっていたのです。

マンツーマンだからゆっくりと話せる。
予約制ということは待たされないですむ。

てっきり 自分達には、弱みだと思っていたことが、
強みに転じた瞬間でした。

「それまでの美容室の常識といえば、
新しいカットやパーマ・髪染めのスタイルを美容室側が提案して、
その波にお客様を乗せていくという形でした。

カリスマ美容師ブームなどもあって、
美容師って「先生」と呼ばれていたんです。

あくまでもやってあげる側にいて、
教える側に立って医者のように仰ぎ見られていた。

カット、パーマ、髪染めと、たくさんの施術をさせてもらえば
確かに売り上げは上がります。
中には、強要する人さえもいる。

でも、それって本当にお客様が望まれていることなのか?

ずべてにおいて美容師側の視点でやってることではないのか?
そういう考え方で 果たして商売としてはどうなのか?

お客様の 「〜したい」をサポートする 
お手伝いするのが 美容師の仕事ではないのか。
・・・今までのやり方って反対だったんじゃないの?と。」

なるほど、コペルニクス的転換ですね。

「別にうちの店以外でも カットやパーマはできる。
髪染めなんて 今は ホームカラーリング剤もたくさん出ていて、 自宅でできる時代です。
ただ、髪のことを思えばプロに任せてほしい。

たとえ カットだけであっても 毎月 ずーっと浮気せずに来店してくれる 
長いお付き合いのできるお客様づくりって何だろう?

そうやって ほかの店とは違う「何か」を探し始めたんです。
接客・身なりやマナーなどの接遇についてもいろいろ考えました。
ほかのお店にはない、付加価値と差別化を図ろう、と。」

松井さんのお店でなければならない理由、ということですね?

「そうです。その中の一つが、空間です。
癒される店、五感にやさしい店づくりを心がけました。
美容室のイスって 主に タカラベルモントさんという会社が作っています。

その会社でイスを買うと、店舗設計や内装もやってくれますけど、
でも なんだか どこも 同じようなお店ができてしまうんです。
僕が注目したのは 地域性・・・。

西宮 阪神間・甲子園近くの、
この雰囲気を大事にしたかったので 常連のお客さまが 
和むお店づくりをしました。

近くのホテルに シックなバーがあって、そのお店に近い雰囲気です。」

それで ここにも お酒がたくさんあるんですね?

「最初は1−2本 お酒を置いていたんですが、
お客さまや友達が持ってきてくれるんです。
せっかくだからと思って  次々に置いてたら、
いつのまにか こんなになってました(笑)」

ほんとうにまるでホンモノのバーみたいです(*^.^*)
(ブログに、お店の写真を掲載しました)
< http://ameblo.jp/mission-navi/entry-11187578093.html >

「あと、これは思わぬ効果だったんですけど 
飛び込み営業が格段に減ったんです! 

やはり昼の日なかから、 お酒を置いてる店には 
どうも営業マンが入りにくくなったらしくて(笑)
お互いの時間のロスが減りました。」

あはは、おもしろいですね(^o^)/

「昔から 神田正典さんや本田健さんの本が好きで 
マーケティングについては 勉強するのが好きだったんです。
それから、3−4年前に「あきない実践道場」 < http://akinaidojo.com/ >に 出会い、
ランチェスター法則を学んだことはとても大きかったです。

先ほどお話ししたようなことは 
一つずつ我流で やってきたことなんです。

道場で学ぶうちに自分の中で点在していたものが、
線になって、面になっていきました。」

大きいお店と 小さいお店の戦略の違いを学ばれたんですね。

「・・・美容師って職人ですからね、 
経営を知らない人が多いんです。
もともと 美容師を目指す若い人って 
ネクタイ締めてきちんと仕事するのが苦手な子が多い。

安い給料でも、納得して働いてくれる。
経営者としては 扱いやすいんですね。

10代、20代はそれでよくても 
30代になって家族を持つとなるとそれでは食べられない。

大型店で薄利多売の商売をやっていると 
10万円の利益を上げるために 現場の若い技術者は 
ものすごく働かされている現実があります。

それが業界の常識ですが、今のやり方を確立してからは 
25日稼動して夫婦二人で毎月100万〜200万円の売り上げ高を、
安定して得られるようになりました。

経費としてはお店の家賃はかかりますけど、
他にはそんなにありませんし・・・。

そうやって固い商売の形が出来上がりまして
『大成功はできないけど 家族の幸せはつかめる経営』、
生活に苦しまない経営ができるようになりました。」

・・・ううぅ、実感こもってます(ToT)

牛丼屋さんにアルバイトに行こうと考えておられたのに・・・、
まさに9回裏からコツコツとヒットを重ねての、大逆転劇ですね!!

あと、定期的なお客様とのコンタクトはどのようにとっておられるのですか?

「はい 毎月 『なごみ便り』という お手紙をお出ししています。
内容はほとんどうちの家族の話題と、お店の定休日のお知らせです。

あとは ご予約状況のお知らせを1枚だけ入れています。
商品の売り込みなどは、まったくしていません。

ご予約はお電話・ファクスのほかに 
携帯メールでも頂戴しています。」

『なごみ便り』を拝見しましたが 
野球好きの息子さんの写真が いっぱい登場されていまして、
なるほど、お客様と家族ぐるみのお付き合いをなさっていますね(*^.^*)

とっても 親しみが湧くお便りです。
それで今は コンサルタントや講師業もなさるようになりましたね?

「はい、ディーラーさんから注目されまして。
2008年から始まりました。
どん底の僕の様子を見ておられましたけど、材料屋さんですから、 
材料や資材の注文の様子で業績が上がってくるのでわかるんですよ(笑)

いっぺん 同じような悩みを持ってる同業の人に 
話してやってくれないか、と。

それから 口コミで依頼が増え始め
全国のメーカーさんやディーラーさんから講演依頼をいただいて
80−100人の美容師さんが集まることもあります。」

ホームページ拝見しましたが、
すごいスケジュールですよね、しかも全国各地に・・・。

「セミナーでは いいことだけを伝えるのではなく 失敗談もお話しします。
みんな 不安になっていて 何とかしなければと思いながら
ずるずると右肩下がりを 繰り返してしまう。 

がむしゃらにやればいいと思って 改善せずに同じことばかりしてしまう。
脱出経路が見えない状態ですね。
これは美容業界だけの話しではないと思いますけど。
インプットをしたら即、実践。明日から実践!

そのためには 忙しいのはわかるけど 時間を確保すること。
何かに特化しないと勝てないですから。
目標・目的を明らかにすれば 近隣にライバル店があっても お客様は必ず来てくれます。
不安を勇気に変えて 具体的に背中を押したいと思っています。」

松井さんが体得した、小さなお店の生き残り術、ですね。
「美容業界に限らず、既存の個人の店のそばに 大手資本の会社が
店を出してくるケースはたくさんありますよね?

靴ならばABCストア。 
コーヒーならスターバックス。
焼肉なら 牛角。 
お寿司ならば 回転寿司・・・。

個人の小さなお店が、大きな資本のお店に対抗するには、 それなりの知恵がいります。
普段の思考もそんなふうにしたら 人生全部に使えるんですよ、この考え方って。

息子が野球をやっているんですけど、6年生で140センチと小柄なんです。
その彼が ライバルと互角に戦うにはどうしたらいいか。
弱みを強みに転じる。
座って守るキャッチャーなら体格の不利は補えるんじゃないか、とか(笑)」

おもしろいー、ほんとですねq(^o^)p
ということは松井さんのお話は どんな業界でも通用するってことですね!

「当たり前の幸せって 多分 そんなには難しくないと思います。
セミナーで、一人でも多くの集客・経営に悩む美容師さんに 
等身大の私で 自分にもできる方法と道筋をお伝えしたいと思っています。」

では 最後に 松井さんの夢をお聞かせください。
「妻の実家が 奄美大島なんですけど、
いつかは、そこで釣り糸を垂れてのんびり暮らしたいです。
でも妻は便利な都会がいいそうなので イヤだと言っていますが(笑)」

・・・いえいえ、 これから当分の間は きっとお忙しいと思いますよ(^^;)

釣り糸を垂れるのは だいぶ先なのではとお見受けしました。
今回は取材でお店に伺いましたが 次回はぜひ 髪をカットしてもらいに来ます!

「はい、では第一回目のご来店のときは  ゆっくりカウンセリングからさせていただきます。
普段のライフスタイルも可能な限りお聞きします。
量、毛質、を見て 髪にやさしく、傷めないヘアスタイルを
ご希望に沿うように具体化するお手伝いをしますので・・・。」

うわー、楽しみにしています〜(^o^)/
どうぞ よろしくお願いしまーす!

********************************
美容室「髪心和処(かみこごろ・なごみどころ)」

兵庫県西宮市甲子園浦風町19−4萬成ビル2F
Tel&Fax  0798−43−5590
阪神・甲子園駅より徒歩3分
[営業時間]10:00〜19:00
[定 休 日]月曜日、年末年始他
e-mail : < kaminagomi2007@yahoo.co.jp >
URL:  < http://www.kamigokoro.com/ >
blog : < http://kaminagomi.sblo.jp/ >

小さな美容室・サロン集客塾 
公式HP < http://www.matsuiryoma.jp/ >

「松井竜馬の小さな美容室を元気にするブログ」:
< http://matsuiryoma.sblo.jp/article/54360514.html >

こころざし【志】通信の一覧に戻る

メールマガジン「こころざし(志)通信」

ミッション・ナビゲーターの長谷川章子が熱い「こころざし【志】」を感じた、人・こと・モノ・お店などをご紹介します。
二十四節気、毎月2回配信です♪

メールマガジン「気まぐれトーク」

風を読み、気の流れを読む。
ミッション・ナビゲーターの長谷川章子がふだんの生活から「今の流れ」を感じるままに、お伝えします。
毎月2回、満月と新月の日に配信します♪

このページのトップへ

ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

あなたの人生と経営の羅針盤・ミッションナビゲート専門会社 有限会社元気

大阪オフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目9−7 いずみビル5階
電話:06-6374-4986(ヨクハイロー)FAX:06-7635-4726
地図はこちら
Copyright (C) 2004 Genki Co.,Ltd. All rights reserved.