ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

ミッション・ナビ〜あなたの人生と経営の羅針盤〜

ミッション・ナビ HOME>メールマガジン「こころざし(志)通信」>2011年3月6日 関節鏡手術の達人、『自立の医療』を目指して(前編)

メールマガジン「こころざし(志)通信」

2011年3月6日
関節鏡手術の達人、『自立の医療』を目指して(前編)

鈴木 隆先生。
1967年生まれのお医者さまです。
現在、大阪赤十字病院 整形外科副部長。
スポーツ・肩外来 関節鏡手術担当。

・・・今回は、整形外科のお医者さま、しかもスポーツ系。
ご縁を戴いたのは、東京開催された「幸塾」での会合でした。

ちょっとスピリチュアルな会合なんですが・・・。
そういう会合で、お医者さまの存在って、珍しいんです(^^;)

さらに超党派の政治家集団「龍馬プロジェクト」にも、
政策ブレーンとして名前を連ねておられます。

えーと、もともと、鈴木先生のお家は、お医者様だったんですか?

「いえいえ、両親とも公務員です。父はその後、退職して自宅で塾を開きまして。
小さいころから、両親とも共働きの家庭でした。」

そもそも、どうしてお医者様を目指そうとされたのでしょう?

「実際に医者になろう、と思ったのは高2のときです。
小・中・高時代は、ものごとの真実を探求したいタイプの子どもでした。
星や宇宙もすごく好きで。ものづくりが好きで、図工なんかも得意でしたね。

物理学者とか、建築家になりたいと、漠然と思っていました。
小学校時代から、わりと『考えるタイプ』だったんですよ。
天真爛漫な子どもでは、けしてなかったと思います。

学校の成績は、自分で言うのもなんですが、上の方でした。
クラスでも大人びたところがあって、ちょっと影のある子ども だったんじゃないかな、と。

両親がね、若い頃はあんまり仲のいい夫婦じゃなかったんですよ。
だから3人兄弟の長男の僕が、しっかりしなければ、と 思っていたところもあると思います。
それに潜在的に、医者ならしっかり稼いで食べていける、と 思っていたんでしょうね。
もちろん、人助けでもありますから。

高校は進学校で、2年生まではテニスに没頭してましたが、
医学部を目指そうと決めて、高3からは受験勉強に没頭しました。
2年生までの成績では、とても無理だって言われたんですけど、
おかげさまで、京大医学部にストレートで合格しました。

担任の先生には、ものすごく、びっくりされました(笑) 
集中力はあったんです、はい。
大学でもテニス部に所属して、いやぁ〜、ここでは、はじけました(^o^)/」

そうですよねー。
世はバブルの時代でしたから・・・←(同世代の共感) 

そして、京大医学部←(尊敬) 自由な京大の校風で青春を謳歌し、
5回生のときの病院実習で、スポーツにかかわる疾患や運動機能の再建ができる、
整形外科の医師を目指そうと思ったそうです。

「医療としては、前向きな現場なんですよね。
治りますし、元気になる分野ですし。それを手伝える仕事ですから。」

京大卒業後は、原則として1年間は研修医として京大付属病院へ。
6年の大学での勉強の後、研修医として付属病院で1年、2年間は関連の病院、
さらにまた別の関連病院で3年、合計6年で一人前の医師を育てる、というシステムなのだそうです。
鈴木先生は、2年間は市立長浜病院、その後5年間、公立豊岡病院で研修医として勤務。

「豊岡では、バリバリ仕事しました。勤務医としても一人前なので、手術もありましたし、
日頃の業務に励みました。 結婚して子どもも3人授かり、子ども達ともよく遊びましたし。」

そして、33歳の時に、京大病院へ戻ることに・・・。

「ここで、今のスポーツ医学の肩や膝、関節鏡手術という専門分野が決まって、
より限定された分野を極めるようになりました。
関節鏡手術って、ちょっと、もの作りに似ていまして・・・。
おもしろいんですよ、糸を引っ張って結んだりして、クリエイティブな手術なんです。

他の場所の腱を取ってきて、じん帯を作り直すんです。
患者さんの肩に5ミリ程度の穴を開けて モニターを見ながら、作業をするんです。
えぇ、手術は、とっても細かい作業なんです、大好きです。」 ・・・(@.@) (?o?) (^^;)

「子どもの頃から、ものづくりが好きな僕にとっては、ぴったりフィットする仕事でした。
今の仕事には確信を持ってやってます、これは自分の天職だ、と。」

じん帯を作り直すのが大好きな方って・・・、
生まれて初めてお逢いしました、わたし(・・;)

京大病院では学会で論文発表や、海外研修、研究職が主。
そして2004年から大阪赤十字病院で勤務することになります。

「やはり研究よりは臨床をやりたかったので。
ただ、当時、大阪赤十字病院の整形外科ってイケてなかったんですよ(苦笑)
病院のスタッフが、よその整形外科に 診察を受けに行くという・・・(>.<)

スタッフからも信頼されていない病院なんてねぇ。

それで2〜3年は、一つ上の先輩と一緒に、評判を取り戻すべく、
本当に頑張りました。泊りがけの勤務も、よくありました。

ただ、思えば、この頃に頑張りすぎたことが後々になって
起こってきた不調の原因だったのかもしれませんね・・・。」

順調にスポーツ医学のスペシャリストの道を歩んでこられた
鈴木先生、不惑、40歳を迎える年になっていました・・・。

ここで医師として、また人生においても
一つの分岐点が訪れることになるのです・・・。

つづく

***************************
大阪赤十字病院 整形外科
大阪市天王寺区筆ヶ崎町5−30
TEL:06-6774-5111(代表) 
e-mail : suzuki-51@hotmmail.com

こころざし【志】通信の一覧に戻る

メールマガジン「こころざし(志)通信」

ミッション・ナビゲーターの長谷川章子が熱い「こころざし【志】」を感じた、人・こと・モノ・お店などをご紹介します。
二十四節気、毎月2回配信です♪

メールマガジン「気まぐれトーク」

風を読み、気の流れを読む。
ミッション・ナビゲーターの長谷川章子がふだんの生活から「今の流れ」を感じるままに、お伝えします。
毎月2回、満月と新月の日に配信します♪

このページのトップへ

ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

あなたの人生と経営の羅針盤・ミッションナビゲート専門会社 有限会社元気

大阪オフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目9−7 いずみビル5階
電話:06-6374-4986(ヨクハイロー)FAX:06-7635-4726
地図はこちら
Copyright (C) 2004 Genki Co.,Ltd. All rights reserved.