ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

ミッション・ナビ〜あなたの人生と経営の羅針盤〜

ミッション・ナビ HOME>メールマガジン「こころざし(志)通信」>2010年11月7日 アイデアとセンス、実行力。挑戦を続ける古都の仕掛け人(中編)

メールマガジン「こころざし(志)通信」

2010年11月7日
アイデアとセンス、実行力。挑戦を続ける古都の仕掛け人(中編)

株式会社 一杢、人見幾夫社長。
前編はこちら↓ http://archive.mag2.com/0001115543/index.html

32歳で喪服メーカーとして独立。
適確に消費者のニーズを読み取るセンスで、
次々に大ヒット商品を生み、喪服業界では日本一になりました。

さらにお話は続きます・・・。

「僕が今、一番思うのは「ツキ」についてなんですよ。
どうすればツくのか。ツくにはどうしたらいいか。
どうも法則があるような気がする・・・。
出会いはね、ツキやと思うんですわ。
ええ人に会うには、自分がええ人間でないとええ人には会えない。

大事なことはね、自分がええ人になること。
ウソつかない。
だまさない。
誠意を尽くす。 そういうことやと思うんです。」

ほんまに、そうですよね・・・。

「喪服業界にいて最近の様子を見て、ちょっと心配になりますね。
家族葬というのが増えて、だんだんと喪服を着なくなってる。
喪服というのは来てる人に見せるものやったけど、
本音社会になってそういうものは、いらんという風潮になってる。

着物は場を盛り上げるために着ていくもの。
ええ物を着て、その場に集う、いうんは場を守り立てる。
着るもの、まとう物にはそういう役割がある。
今の日本で、そういう習慣がすたれてきてるというのはどうなんかな、と。」

実際、社長が活躍されていた頃、
喪服の売上は1年で200万反。

現在は1年で4万反。
なんと、市場は50分の1になってしまっているそうです。

それで、化粧品を販売されるようになったんですか?

「そうそう、これもご縁でねぇ・・・。
ある占いの勉強会に行ってたご縁でね、
その会の世話役の女性から『人見さん、化粧品やらん?』とお声がかかったんですわ。

『化粧品?そんなんムリムリ』って最初は断りましたけど、
いただいた見本を嫁と社員に渡したら、とても評判がいい。

それで作り方を見せてもらいに行ったんです。

ほんなら、大豆を大なべで煮て野菜のエキスをカメにいれて寝かして・・・。
こんな丁寧なものはない。全部、手作りの化粧品やった。

これなら、と思って『よし、やろう』と決めたんです。
そしたら、その占いの先生が『2004年9月17日に化粧品の店をオープンしなさい』と
言われたんですよ。 なんでやろ?と思ったんですが、そのとおりにしました。

9月16日、PRのために社員が新聞社に回っていたんですね。
大阪の朝日新聞に午後6時半にうちの女子社員とアポが取れた。
女性記者が話を聞いてくれて、女同志で気が合って 『じゃあこの後、飲みに行こう』、
ということになったんです。

たまたまその記者の人が、上の人とケンカした後で 気晴らしがしたかったようで、
誘ってくれたそうですわ。
ふつうは、そんなことはないらしいです。

その席でうちの「食べられる化粧品」いうのに興味を持って、
翌日の9月17日の金曜日に、その記者さんが取材に来てくれた。
その記事がやね、なんと18日の土曜日に朝日新聞に載ったんです。

えらいことですわ〜、なんと1日で1000件、電話があったんです。 q(@.@)p 
ほ、ほ、ほんまですかっ!

たまたま僕はその日は、ゴルフに行ってて夕方5時ごろ、
「社長、えらいことになってます!」て電話の向こうで言ってる。

それからその反響が、一か月続きました。
それが、「京の雪」いう化粧品でして、今でもうちの会社の売り上げの半分を占めてます。

あれがなかったら・・・、喪服だけやったら今ごろどうなってたか。
あの占いの先生には3〜4回、助けてもらいました。

9月16日に店を出せ、とね。そういうこともあるもんやな、と。」

えー、新聞広告で、見たことあります、「京の雪」。
舞妓さんが使ってるというので、有名な自然派化粧品ですよね!
・・・サンプルいただきましたが、すごくいいです(^^)

「ご縁とか、人の流れいうのはね、誠実に生きてたら会う人会う人、すごくいい縁につながりますなぁ。
そして感じる力というのは、本能。 その匂いや嗅覚の鋭さが大事やね。
今がどういう流れなのか、を感じること。
マージャンをやっててもね、運がないときにじたばたしない。
運が来るまで、待っていたらいいんです。

時には、負けてもいいんです。 流れのないときは。
そうするとツイてくる日がある。何か困ったことがあった時に、素直に認めて、
それを人のせいにしないこと。
素直に反省して、大切なことは、例えば事故にあっても 、
あぁこの大きさですんで良かった、と思えることやね。
『こんなこと(災難)が来た!』と思うか、
『神様が早めに警告のサインをくれたんだ』と思うと 気が楽になります。」

うーん。
ビジネスのお話を伺いに来たんですが、だんだん精神世界になってきました・・・(笑)

ということで、続きはまた次回に・・・!

***************************
株式会社 一杢  <http://company.ichimoku.co.jp/>
京都市中京区二条通油小路東入ル西大黒町1320番
TEL 075-256-7650  FAX 075-251-1353

京都育ちの自然派基礎化粧品 「京乃雪」
○オンラインショップ   <http://www.ichimoku.co.jp/>
○Yahoo!ショッピング店 <http://store.shopping.yahoo.co.jp/kyonoyuki/>
○甚平 作務衣 和風スーツ
門・樹亜羅 楽天市場店 <http://www.rakuten.ne.jp/gold/1moku/>
○「一着の鞄 ReTweed」
HP  <http://re-tweed.com/>
ブログ <http://retweed.blog53.fc2.com/>

こころざし【志】通信の一覧に戻る

メールマガジン「こころざし(志)通信」

ミッション・ナビゲーターの長谷川章子が熱い「こころざし【志】」を感じた、人・こと・モノ・お店などをご紹介します。
二十四節気、毎月2回配信です♪

メールマガジン「気まぐれトーク」

風を読み、気の流れを読む。
ミッション・ナビゲーターの長谷川章子がふだんの生活から「今の流れ」を感じるままに、お伝えします。
毎月2回、満月と新月の日に配信します♪

このページのトップへ

ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

あなたの人生と経営の羅針盤・ミッションナビゲート専門会社 有限会社元気

大阪オフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目9−7 いずみビル5階
電話:06-6374-4986(ヨクハイロー)FAX:06-7635-4726
地図はこちら
Copyright (C) 2004 Genki Co.,Ltd. All rights reserved.