ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

ミッション・ナビ〜あなたの人生と経営の羅針盤〜

ミッション・ナビ HOME>メールマガジン「こころざし(志)通信」>2010年8月23日 やんちゃでナイーブな青年社長 めざせ不動産業界の風雲児(後編)

メールマガジン「こころざし(志)通信」

2010年8月23日
やんちゃでナイーブな青年社長 めざせ不動産業界の風雲児(後編)

(前編はこちら)http://archive.mag2.com/0001115543/20100807080000000.html

神奈川県で、不動産業を営む青年社長、熊井聖樹(まさき)さん。
神奈川県藤沢生まれの36歳。

29歳のとき、熊井さんに大きな転機が訪れます。
2年あまり、失意の日々を送り、引越業者の営業として再就職。

知人に借りた数百万円のお金を全て返済して、
自信を取戻した熊井さんは、今度は横浜駅東口近くの賃貸仲介業の不動産屋さんに
再就職をするのでした。

ここで担当したのは、オーナーから預かった賃貸物件を仲介し管理すること。
その数、数百件。

「賃貸物件の管理というのは、会社によって体制が違うんです。
親身になってくれるところとそうでない所の違いは、大きいんです。
自分の体験が役に立ったのは、滞納した家賃の督促です。
自分自身が1年も滞納してたから、そういう人の気持ちが分かるんです。
人生、何でも体験しとくものです(笑)」

「そうこうしてる間に気づいたら、それまでの12年の間に僕は不動産業全ての業務を
体得してたことに気付いたんです。自社物件と他者の物件で、新築、中古、モデルルームを
売買しましたし、それから賃貸の仲介と管理、それから最初の経理業務・・・、
結果的に不動産業に携わる、全てのことを体験していました。」

2年間、賃貸管理業務を体験した後、熊井さんは経営者に戻ることを決意。
社長に、退社の意向を伝えます。
一従業員だったとはいえ、熊井さんの働きぶりは、
やはり「経営者」目線での仕事でした。

彼の業務をそのまま一人の社員に引継ぎをするのは難しい。
そこで社長は、担当業務の引継ぎのために男性と女性、1人ずつ社員を採用されたそうです。

「こちらの社長には、僕は頭が上がりません。」と彼は笑います。
その後継の女性社員の方は、3年後、彼のお嫁さんになって、
今でもその会社で勤務されているそうです。

「・・・この人しかいなかったんです、僕についてこれる女性は。」 q(^^)p

そして31歳。
熊井さんはトラストワン(株)の代表に戻ります。

平成17年から毎年、新規の事業を立ち上げていきます。
H17年 サブリース業を展開。
H18年 トランクルームオレンジBOX厚木に立上げ。
H19年 オレンジBOXを厚木に2ヶ所、横須賀にも増やす。
H20年 八丈島リゾートホテル業トラストワンビル取得。
H21年 オフィス横浜立ち上げ。
H22年 9月にオレンジハウスと新規事業立ち上げ予定。

まさに快進撃ともいえる活躍ぶりです。
「本業は、分譲住宅の販売業なんですけど・・・。

でも、 もしも最初の不動産業だけだったら、事業は衰退していると思います。
H17年以降に手がけてきた事業は、すべて成功しているんです。
毎年、7、8月に変化があって『クマイ』だから、縁起をかついで9月1日に創業しています(笑)」
・・・どうしてそんなに、次々に新しいことができるんですか? (?.?)

「はい、すべて直感とひらめきです!僕は既存の不動産業のすべてを体験してきてしまった。
だからこそ、今まで通りの不動産業ではおもしろくないのかもしれません。」

・・・例えば、トランクルーム業のオレンジBOX。
大きなワンフロアを小口にしてたくさんの方に貸し出しをする。

写真を見ると、カラオケボックスみたいな雰囲気です。
トランクルームの利用者は、預けた荷物をめったに取りに来ないとか。

そして利用者を調べてみると、以外に地元の方は少なかった・・・。
ならば、と東京方面のお客様をターゲットに絞り、
無料で荷物を引き取りに行くというサービスを付加。

24時間365日荷物の出し入れ可能。
現場では有線放送を流し、清潔で快適なトランクルームを実現。

女性が独りで荷物を取りに来ても、安心感がある設備。
そして、どの現場も高速道路のICに近く便利。

トランクルームは2日に一度、きちんと清掃しています。
そんなサービスが受けて、コストパフォーマンスで全国第1位。

オリコンでも紹介され、全国でも部門別1位、総合第2位にランク。
オレンジBOXといえば、トランクルーム業界では有名なのだそうです。

またICにほど近い、狩場のトランクルームでは、
大型バイクを預かるサービスも考案、週末ライダーの間で口コミで広がり大好評なのだそうです。
大きな一部屋をたくさんの方に喜んでもらえる部屋へ。

言葉にすれば簡単ですが、そこには熊井さんが体験を通じて得た
細やかな配慮やお客様に対する思いがあります。
オフィスルームも同様です。

ご自身が起業するときに苦労した熊井さんが、
必要最低限度の設備でコストをかけずにオフィスを持てるようにと自社ビルの3階に、
開業したのが「オフィス横浜」でした。

高校時代からさまざまな業種を体験してきた熊井さんだからこそ、
一番大切なものは「目に見えないもの」だと痛感されたそうです。 (*^.^*)

これからの、熊井さんの夢は何ですか?

「今年、手がけようとしているのは、オレンジハウスという シェアーハウスです。
実は今、若い人にとってもシェアーハウスは、人気があるんです。
磯子で米軍に貸していた4LDKの大きなマンションを4人の若者に入居してもらう。 
面接はもちろん自分がします。
僕が感じがいいなと思う人同士に入ってもらいたい。
こんな時代だからこそ、皆「つながりたい」んです。
僕は2年の間、引きこもりだったからよく分かる。

すべてはお客さまとの信頼関係だから。
だから社名は『トラストワン』なんです。
僕はビジネスをする上で、この『信頼』が何よりも大事だと思っています。

実は不動産業界は海千山千の世界。
だけど僕は愚直でも、人間の信頼を大事にするビジネスをやり続けたい。
そして今現在、社員として働いているメンバーにもたくさん夢を叶えてもらって、
いずれは経営者になって独立してもらいたいんです。」 (^o^)/

「僕は、若い頃に父に反発して家を出ました。
だけど12年間、ぐるっと一周して結局、不動産業に戻って来た。
両親が早くに離婚して、男手一つで育てられた。
一本気な父の愛情表現は、幼いころの僕には痛かったんです。

だけど親父は地元では、有名な事業家でした。
彼のビジネスセンスは、ハンパじゃない、すごい人です。
今でもそう思う。今、一番の飲み友達であり、人生の師匠は親父です。
誰よりも父には一番感謝しています。」 (ToT)

叶えたい夢はたくさんある。
そう笑顔で語る熊井社長。

こんな熱い「志」を抱く社長が作ってくれたオフィスで、
私はこの原稿を書いております。

素敵なご縁を頂いたことに 感謝します(*^.^*)

***************************
トラストワン株式会社
横浜市西区楠木町1−3トラストワンビル8階
TEL045-316-0019 FAX 045-316-0039 
<http://www.trust1.co.jp/index.html>

○レンタル倉庫 「オレンジBOX (厚木・横須賀・狩場)」
<http://www.orange-b.com/>

○八丈島「ホテル リードアズーロ」
<http://www.lidoazzurro.jp/index2.html>
 
○カプセルホテル 「リードイン大森」
<http://www.lido-in-omori.jp/>

○レンタルオフィス 「オフィス横浜」
<http://www.office-yokohama.net/>

○ゲストハウス オレンジハウス
<http://www.o-house.info/>

こころざし【志】通信の一覧に戻る

メールマガジン「こころざし(志)通信」

ミッション・ナビゲーターの長谷川章子が熱い「こころざし【志】」を感じた、人・こと・モノ・お店などをご紹介します。
二十四節気、毎月2回配信です♪

メールマガジン「気まぐれトーク」

風を読み、気の流れを読む。
ミッション・ナビゲーターの長谷川章子がふだんの生活から「今の流れ」を感じるままに、お伝えします。
毎月2回、満月と新月の日に配信します♪

このページのトップへ

ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

あなたの人生と経営の羅針盤・ミッションナビゲート専門会社 有限会社元気

大阪オフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目9−7 いずみビル5階
電話:06-6374-4986(ヨクハイロー)FAX:06-7635-4726
地図はこちら
Copyright (C) 2004 Genki Co.,Ltd. All rights reserved.