ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

ミッション・ナビ〜あなたの人生と経営の羅針盤〜

ミッション・ナビ HOME> メールマガジン「気まぐれトーク」>2014年10月24日 「秋の夜長に・・・」

メールマガジン「気まぐれトーク」

2014年10月24日
秋の夜長に・・・

10月30日に向かう2週間は、私たちの深いレベルで、
大きな変容が起こっているそうです。

そうですねー、なんだか個人的には、
9月と10月前半の慌ただしさを経て、
中盤、後半は個人的にはとーっても静かな気配なんです。

こういう時は、逆らわないようにします。
ゆーったりとゆるむ、ということを大事にします。
もちろん、現世的に、支障のない程度にですが・・・。

一昔前は、それこそ、身体にムチ打って動き回っていましたけど
ただ頑張ればいいってものでもないなぁ・・・と 最近の私は感じています。

まぁ、年齢的に無理がきかなくなってきたこともありますけど(苦笑)

なので、この1年ほど、長年の間に積もり積もったもの、
知らず知らずのうちに蓄積していたものを
できるだけ排除する、手放すようことを考えています。

再スタートを切るためには、あえての後ろ向きな時間みたいなものも
大事だと思うようになりました。

思えば、社会人になってから、ひたすら得ることや、
上ることばかりを ずーっと目指してきたような気がするんです。

登山って、上ったら、降りるものです。
山頂で止まったら、それを「遭難」というんです。
一度上って、頂上から下りるので、登山は完成するんです。

そういうことに気が付いたら、
「降りていく」ということの意味を、すごく考えるようになりました。

もちろん、一つの登山を終えたら、また次の登山があるわけです。
でも、ひたすらに「上りっぱなし」とは、違うことに気付いたんですね。

この日本という国も、一つの頂点を超えて、
今はゆっくりと下り坂の状態にあります。

今まで、社会全体を動かしてきたのは右肩上がりの思想の世代でした。
その時代に見合うようなタイプ、その時代にぴったりの性質を持った世代が、
上昇の時代を支えていたのだと思います。

ただ、その世代の方々が、昔の価値観のままに、
「今」を語ったり「今」に対処して行動しようとしても、
けしてうまくいきません。

上り坂のイメージがあまりにも 強烈すぎて、
意識の中に、その幻影が消えていないのです。

でも、もう、時代背景が違いすぎるのです。
そして、私たちのような1960年代生まれの人間は、
「橋渡し」の世代です。

右肩上がりの時代から、頂点を極め、
ゆっくりと下り坂へ向かう時代を、並走してきました。

社会人になりたての頃にバブルを経験し、それがはじけ、
その後の「失われた20年」の間に、子供を生み育ててきたのです。

IT化もすんなり受け入れ、ポケベルから携帯〜スマホ、
レコードからCD、ipodなど、新しい技術や、価値観への
順応な対応力が、この世代の特徴だと思います。

そして、バブルを体験した世代の子供たちは、
皮肉なことにデフレ世代です。

できるだけ、お金を使わないようにして生きてきた。
貯金しておかないと不安だからです。

生まれてこの方、「景気がいい」という話を聞いたことがない。
耳にするのは、超高齢化と少子化という不安要素ばかり。

でも、そういう世代の彼らの生き方、選択の仕方は
「地球にやさしい生き方」につながるような気がします。

おもしろいことに今の日本は、
右肩上がりを作ってきた世代、 橋渡しの世代、
そして、ゆっくりとした下り坂の世代が、
同時に、暮らしているという状態なんですね。

ざくっと見渡して、 30代以下、30代後半〜50代前半、55歳以上、
このあたりの3つのグループに私は分けて見ています。

人間関係、子育て、経済、どのご相談においても、
この世代間のギャップというのは、つきまとっています。

下り坂には、下り坂なりの、生き方と過ごし方があります。
橋渡しの世代の私たちは、順応性が強いので、
けっこう対応できてしまうんです。

でも上の世代にはちょっと、理解しがたい。
そういうギャップに対応するための傾向と対策があるんですが、
ま、それはケースバイケースってことで・・・。

こういうことも、ものごとをゆるめて見るようになったからこそ、
私なりに分かってきたことなんですね。

若いころのように、目の前のことに一生懸命になりすぎると
見えていなかったと思いますが。

一歩引いてみる、とか、少し、離れたところから観察してみると
いろんな答えが観えてきます。

いろいろな方からのご相談を頂戴しながら、
私が大事にしている目線、観点はそういう部分なんです。

ひたすらがんばる、とか 必死でやる、ということを手放すと
「コツ」とか「極意」とかが観えてきます。

そうするとムダなエネルギーはいらない。
シンプルになって、快適になります。
「足るを知る」という状態です。

あぁ、まさに、東洋思想ですね。
秋の夜長に、そんなことを考えています。
今夜は、ゆったり、ほっこり、してみませんか?

「気まぐれトーク」の一覧に戻る

メールマガジン「こころざし(志)通信」

ミッション・ナビゲーターの長谷川章子が熱い「こころざし【志】」を感じた、人・こと・モノ・お店などをご紹介します。
二十四節気、毎月2回配信です♪

メールマガジン「気まぐれトーク」

風を読み、気の流れを読む。
ミッション・ナビゲーターの長谷川章子がふだんの生活から「今の流れ」を感じるままに、お伝えします。
毎月2回、満月と新月の日に配信します♪

このページのトップへ

ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

あなたの人生と経営の羅針盤・ミッションナビゲート専門会社 有限会社元気

大阪オフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目9−7 いずみビル5階
電話:06-6374-4986(ヨクハイロー)FAX:06-7635-4726
地図はこちら
Copyright (C) 2004 Genki Co.,Ltd. All rights reserved.