ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

ミッション・ナビ〜あなたの人生と経営の羅針盤〜

ミッション・ナビ HOME>メールマガジン「気まぐれトーク」>2012年9月30日 「そろそろ来年の話・・・」

メールマガジン「気まぐれトーク」

2012年9月30日
そろそろ来年の話・・・

10月の声が聞こえてくると、もう照準は 来年です・・・。
一応、スケジュールは4月切り替えのものを使っているので、
まだ来年の手帳は 買っていないんですけど。

個人的には、すでに気持ちは2013年に向かっております。
2012年とえいば。
12月21日という例の「関所」がありますね(笑)

「実際のところ、どうなんでしょう・・・?」 というご質問をいただくことがあります。
「わかりません!!」((((((爆!!!)))))

天変地異とか、火山の噴火とか、大地震とか・・・。
そんなもん、自然界で起こることですから、いつか起こるかもしれません。
あとは UFOが向かえに来るとか、ノアの方舟が現れるとか、
隕石がぶつかって 大陸が沈むとか、ポールシフトが来るとか、
地底人が 地底世界に連れてってくれるとか・・・。
(それも 選ばれた人だけを・・・)

そういう話題もネット上にはあふれていますけど、
私の場合はそういう話題は「担当外」なのでさっぱり、わかりません。

ただ、来るか来ないか分からない地震に怯えて、心配して暮らすよりも、
「明日、死んでも悔いのない生き方をする」ほうがよっぽど、楽しいです。

基本、私はもう、年金とか、医療保険の制度なんか 
いつ壊れても おかしくない、と思っていますし、
もはや、未来には年金制度なんて「存在ない」という前提で 
生きようと覚悟を決めています。

OLから自営業になったせいもあって、相当、鍛えられたと思います。

だいたい、戦後、日本が経済復興して、急激に豊かになり、
若いときに頑張って働いたご褒美に老後は年金もらって、
日々を安心に暮らせるようになったことは とても良かったことだと思いますけど、
反対に、「安心・安全」は 「無防備」という 要素を生み出します。

日々の生活の安心を得るかわりに、毎日、特にすることもなく 
ぼーっとテレビを見て コタツでみかん剥いてるしかないお年寄りを 
もしかしたら、たくさん生んでしまったんじゃないの?

毎日がそれでは・・・、そりゃ、ボケちゃいますよ。

日々の糧がどうなるか、という緊張感とストレスが 
細胞を若返らせたり 「ボケてる場合じゃない!」という非常スイッチを押して 
細胞が 若返るんじゃないかと、最近 思うわけです。

全部が全部とは言わないまでも、
ずいぶん、病気は減らせるんじゃないかと思います。

医療保険だって、それ自体は有難い制度です。
絶大な安心感はあることは とても大事です。
だけど 「すぐ病院に行けばいいから」という安心感は 下手をすると 
不摂生につながったり、健康に対する無知や無関心を生んで
自分を省みる機会を奪うんじゃないか、と思っています。

もちろん、大病をされた方や 怪我などで仕事ができなくなったという方は
社会的に手厚く守る制度はあるべきだと思います。

ただ 私が言いたいのは、普通の、健康で 働くことができる人は、
年齢に関わらず そんなに「守られすぎなくても」いいんじゃないかと、
最近、つくづく思います。

そういう意味での 「自己責任」とは何ぞや、
ということを しっかりと引き寄せて生きるべきなんじゃないか、と思ってます。

死ぬ前の日まで元気で、息を引き取る瞬間に
あぁ、もう思い残すことはないなーと思えたらいいなぁと思う。
・・・などと ほとんど暴言にも近いようなことを 考えています。

そしたら、先日、ひさびさに講座にお運びになられた 
ある年配の方に言われたんです。
「私、長谷川さんの考え方を聞いているうちに、人生が忙しくなりました。
あれもやりたい、これもやりたい、と思ったら、行きたいところや 勉強したいことが 
急にたくさん増えまして・・・。

ずっと 忙しくて、でも毎日が 充実していました。
先日は また資格も取りました。
ようやくひと段落したので、今日は 講座に寄せていただきました。」

この方は 70歳近い女性の方で、しばらく熱心に講座にいらしてました。
最近、お見かけしないなーと思っていたら、
そんな理由でお忙しかったそうで、すごく嬉しかったです。

そう、こういうお元気なお年寄りが増えたら、
まだまだ日本の経済だって 循環するし、いくつになっても働く機会は増える。

そんなことを言っても、雇ってもらえない、働く場所が無い、
と嘆く人は、 「自営業」になればいいんです。

私の周りには、忙しくってお元気なお年寄りの方が、たくさんおられます。
自家焙煎の美味しいコーヒー豆を売るお店を経営する あるおばあちゃんは、
お店に 喫茶コーナーを作り、 店に来るお客さんとお話しをされています。

若いお母さんや、娘さんに日本女性としてのマナーやしつけを説いたり、
愚痴っぽい同年代のお仲間を、前向きに生きるように、
と 励ましたりしているそうです。

「私は いくつまで働けるでしょうか?」とその方がおっしゃるので、
私が 「あの世に行く前の日まで!」と言ったら、
「あぁ、そうか、そうだねー!」と、笑っておられました。

自営業って、「どうすればお客様に喜ばれるか」をいつも考え、
時代の変化に合ったやり方を取り入れるために 常に勉強し続ける機会が できますから、
そんなことやってると、ホンマに、老けないです。

・・・とだんだん、話しがあっちこっちに 行きはじめたので、
この辺でやめますけど、 不安を作り出すのも自分。
安心感を作り出すのも自分。

やはり、すべては自分しだい、だと思う今日この頃でした・・・。

「気まぐれトーク」の一覧に戻る

メールマガジン「こころざし(志)通信」

ミッション・ナビゲーターの長谷川章子が熱い「こころざし【志】」を感じた、人・こと・モノ・お店などをご紹介します。
二十四節気、毎月2回配信です♪

メールマガジン「気まぐれトーク」

風を読み、気の流れを読む。
ミッション・ナビゲーターの長谷川章子がふだんの生活から「今の流れ」を感じるままに、お伝えします。
毎月2回、満月と新月の日に配信します♪

このページのトップへ

ミッションナビゲーター/三十三観音カードリーディング/観音鍼ヒーリング

あなたの人生と経営の羅針盤・ミッションナビゲート専門会社 有限会社元気

大阪オフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目9−7 いずみビル5階
電話:06-6374-4986(ヨクハイロー)FAX:06-7635-4726
地図はこちら
Copyright (C) 2004 Genki Co.,Ltd. All rights reserved.